エヴァ決意
新台初日「スロットエヴァ決意」打ってきました

今回は友達とノリ打ちです
(※前回ノリ打ちした時の友達とは違う人物です)






おはえもん

待ちにまった新台エヴァ決意ノ刻が遂に導入!


筐体の形(下皿の小ささやATフィールドを模した形)が気に食わない所を除けば、ほぼ完成されたノーマルAタイプ。本物のボーナスを搭載した機械、そして伝統のリーチ目を復活させた機械であります。

演出に関してはアスカの萌えをもっと全面に全快に押し出して欲しかったッスね~、「バレーボール対決」「水泳対決」とか何でも良いんや、エヴァファンにはアスカの萌えを期待してるスロッターも多かった筈だ、真実の翼(エヴァ5作目)の水飲みアスカ演出はあまりに有名。そうだよ!アスカが体操着で登場すりゃええねん!もうロボットが戦うのはどうでもええねん!ほんとどうでもええねん!どうせシンジが覚醒して終わりなんだから・・・・ロボットとか誰も興味ないねん!エヴァのスピンオフのスロット機で化物語パクって作ろうwwwwwwwwwwww(神提案)



スタッフ「それ語りだすと終わらないから・・」


ぼく「せやな」


ぼく「回胴王の考えた最強のエヴァンゲリオン、の記事はまた今度にしますか。一応、マジハロ4にはマジカルラッシュというネーミングと継続率ARTというアイディアは採用された実績もあるしな」




エヴァ決意ノ刻 ノリ打ち

朝一の抽選で僕が106番。友達が奇跡で3番!


ぼく「すげーw今日ってノリ打ちだよな?」

友達「え!?」

ぼく「今日ノリ打ちだよな!?一緒にきた意味ないですやん」

友達「そ、そうやな。ノリ打ちでいいか」






友達「俺は勿論エヴァ狙いだが、君はどうするん?普通に考えればバジ絆の6狙いだけど」

ぼく「まどかを打つしかないじゃない!」

友達「設定関係なしの引き台じゃん」

ぼく「奇跡も魔法も?」

友達「ねーよ」







ぼく「じゃあ何打てってんんだあああああああああああああああああああおおお」

友達「バジ絆か化物語かジャグラーの6狙い以外ないだろ」


友達「新台のラグランジェ・銭形にも設定6が入る可能性が高いが解析と推測が出来ない事を考えるとこの2台はナンセンス」


ぼく「そもそも抽選106番じゃ座れないけどなw」


友達「・・・」




・・結局、開店時間である10時まで打つ台が決まらず


ぼく→???
友達→エヴァ決意の刻確保




スタッフ「こ、これは!?」

J・カビラ「おっとぉ、回胴王いきなりの見かあああ?」

スタッフ「あ、J・カビラさん。来てたんすねw」

J・カビラ「申し遅れました。みなさんこんばんわ実況のJ・カビラです、よろしくお願いします」


スタッフ「よろしくお願いします」




J・カビラ「ご友人の方は新台のエヴァ、そして回胴王氏の立ち回りは朝一から漫画コーナーです」


スタッフ「抽選受けて並んでまで朝一から漫画コーナー!!??」


読者「何考えてんだコイツwww馬鹿か」


J・カビラ「朝一抽選を受けて漫画コーナーに直行のできるスロッターが世の中に何人いるのか?彼はポイントガードとして良い判断をしてると思いますよ」


読者「マジかよww」


スタッフ「今回はノリ打ちだからな・・無駄なリスクを負うのは避けたいんだろう」


スタッフ「ゲームを組み立てチームを勝利に導くのがポイントガードの仕事だしな」





・・1時間後

J・カビラ「ここで回胴王が動いたあ、あ~あの顔は!!?」


スタッフ「友達の台が明らかに高設定の挙動、尚且つ他の台が死亡している」


J・カビラ「高設定ツモを確信した顔だああああああ~」



包丁やるお



ぼく「よし、交代だ。エヴァ打たせてくれ」

友達「OK」



J・カビラ「きたあああああ出玉約600枚ある所から回胴王にバトンタッチです」



ぼく「ん・・・・なんだ!?たいして熱くない演出からもスイカとか来るんだな」


ぼく「ッチ・・・スイカ(12枚役)をもう4回くらい取りこぼしちまったぜ」


スタッフ「か、回胴王が取りこぼし!!?明らかに本調子ではない!」





J・カビラ「ヤバいピンチだ~出玉は全て飲まれて追い銭だああ」


ぼく「ぐ・・・・、追加投資1kでまた当たってくれたが。スイカの取りこぼしが無ければ追加投資する必要無かったな」


J・カビラ「ここで打ち手が友達と交代です」



読者「それ高設定じゃないんじゃねーの?w」

スタッフ「確かにな・・高設定と決めつけるには早計か」



J・カビラ「否!・・・回胴王が出玉を飲ましてしまったがご友人が出玉1000枚まで追い上げたああ、しかもココで暴走モード(RT)へ突入だあ~」


スタッフ「BIG成立まで続くRT・・こりゃ波に乗ってきたか?」


J・カビラ「さあ、この状態で回胴王に交代です」




ぼく「ちっ・・・今度はヘマする訳にゃいかねーぜ」





IMG_0372

J・カビラ「RT状態で800G程ハマりだあああああああああああああww」


読者「それゼッテー低設定だろw」


スタッフ「この人ヒキ弱過ぎwww」




ぼく「ったく・・RT状態で助かったぜw」


IMG_0373

J・カビラ「純増0.2枚のRTでそこそこ増えてますね~」


読者「800G近くもハマればなw」


J・カビラ「んん~回胴王・・いつものキレがない」


読者「普段のアイツならSBB連発してもおかしくはねーんだが・・」




J・カビラ「ああっぁ直後に大ハマりして天井直行したあw」


読者「だからそれ高設定じゃねーだろ!!!」


スタッフ「設定とか関係ないよ。それでも勝ちにいくのが回胴王だ」


読者「え?」










スタッフ「いきなさい!回胴王!誰かの為じゃない!自分自身の収支の為にッッ!!!!」



ぼく「ハァ・・ハァ・・・そう、オレは諦めの悪い男。こういう展開でこそ燃える男だった筈だ」



ぼく「うおー」




IMG_0374


IMG_0375


IMG_0376


IMG_0377


IMG_0378


J・カビラ「さあ、ココで1000枚ほど減らした所で友達と交代だあ」


読者「結局コイン減ったのかよwwww」





ナレーター「その後、友達が一時的にピーク出玉2000枚まで追い上げるも、やはり最高設定とは言い難く、結局出玉は900枚に。」






ぼく「投資600枚なんで微妙に勝ったw」

1人当たり+150枚ゴチwwwww

総回転8900G
BIG37 REG22
ベル確7.6
出玉900枚




ナレーター「パチスロにおいて常勝無敗を喫する男、回胴王の快進撃はどこまで続くのか?」


読者「やっぱこいつスロットに関しちゃバケモンだわ」


ぼく「ちょっとくらい連勝してるからって妄想乙とかいうコメントきちゃうわーww今日もコメントきちゃうわーwww困るわあーw」

お前らパチスロ楽しんでないだろ?

スロットまどかマギカでボーナスが面白いタイミングで当たった

大雪でもパチ屋に行くバカw

遂に出た!輪廻のラグランジェで一撃10000枚の猛者